Menu

iPhoneXとiPhone8の違い。【電源とバッテリー】


●電源●iPhoneXもiPhone8も、どちらもワイヤレスの充電に対応します。

ですので、今まで必要だった、充電ケーブルは必要なくなるという事です。

充電方式は、自宅ではマットを利用して。

そして戸外では、ホテルやカフェ、空港等によく設置されている、Qi規格のワイヤレス充電ステーションで充電する事が可能となってきます。

そして、Belkinとmophieからも、ワイヤレス充電器が2つ、新たに現出るという事で、今までになりiPhoneの充電方式となっています。

・AirPowerマット・こちらの生産品は、2018年に登場予定で、このAirPowerマット上に置けばiPhoneだけでなく、AppleWatchやAirPodsとイロイロなApple生産品を充電する事が出来るようになります。

こちらはすさまじく薄く造られており、何といってもメリット的なのが、数多くの生産品をワイヤレスで充電出来るという点です。

ワイヤレス充電に対応する生産品ならば何と3つまで、マットの外装上何処に置いても、同じ時に充電できてしまうのです。

対応する多くの生産品を手元に置いている方にとっては、一度に充電できてしまうので、煩わしさを感じ取れる事なく、待ち遠しい生産品ではないでしょうか。

●バッテリー●ここは常時利用する生産品としては、見過ごせない箇所ですね。

iPhone8のケース、iPhone7とほぼ同じ駆動時間を保証しています。

そして、iPhoneXのケースには、何とiPhone7と比べると、最大で2時間も駆動時間が伸びるという、利用者からは嬉しい向上です。

おもう存分iPhoneを使い尽くす事が出来ますね。

iPhoneXとiPhone8の違い。【ディスプレイ】

●ディスプレイ●ディスプレイだとしても、iPhoneXとiPhone8、iPhone8Plusではギャップがあります。

≪iPhoneX≫・5.8インチ Super RetinaHDディスプレイ・オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイ・HDRディスプレイ・耐指紋性撥油コーティング・広色域ディスプレイ (P3)・True Tone ディスプレイ≪iPhone8≫・4.7インチ Retina HDディスプレイ・IPSテクノロジー採用ワイドスクリーンLCD Multi?Touchディスプレイ・耐指紋性撥油コーティング・広色域ディスプレイ (P3)・True Tone ディスプレイ・拡大表示・簡易アクセス≪iPhone8Plus≫・5.5インチ Retina HDディスプレイ・IPSテクノロジー採用ワイドスクリーンLCD Multi?Touchディスプレイ・耐指紋性撥油コーティング・広色域ディスプレイ (P3)・True Tone ディスプレイ・拡大表示・簡易アクセスこみたいに、iPhone8とiPhone8Plusでは”Retina HD”ですが、iPhoneXでは”Super RetinaHD”と向上しています。

ですので、画面表示がオールディスプレイとなった、iPhoneXの方が高スペックといえるでしょう。

ですが、Appleの公式サイトの規格ページを参照して頂くとお解りかとおもいますが、iPhoneXの方は、拡大表示であったり、簡易アクセスシステムには対応はしていないやうですので、そうしたシステムを求めている方は、注意してください。

タグ: , , , ,