タブレットのバッテリー交換

タブレットを持っている人が多くなりましたが、そのバッテリー交換には苦労している人が少なくありません。

もちろん、メーカーに送って交換してもらうことは簡単ですが、その分の費用が無視できないからです。

ただ、インターネットで探した修理業者にバッテリー交換を依頼しても、確実な保証が得られないケースもありますから、業者選びは慎重にしなければなりません。

通販サイトでメーカー純正のバッテリーを購入して、自分でバッテリー交換にチャレンジしている人も多いようです。

ただ、失敗してしまうこともありますから、手先が器用な人だけができることでしょう。

本来はタブレットを購入した時にバッテリー交換については説明書を読んでいるはずです。

メーカーや正規修理業者に送付するか持ち込んで交換してもらわなければならないことになっています。

自分で交換した場合はそれ以降のメーカーの保証を得られなくなります。

タブレットの価格は毎月の支払額に紛れてしまっていて、意外と高いことに気づいていない人が少なくありません。

しかし、一般のパソコンと比べて同じくらいの価格設定になっていますから、かなり高いと言えるでしょう。

もちろん、現代の技術を集結してコンパクトなケースに押し込んでいるのですから、パソコンよりも高くて当然です。

ただ、バッテリー交換の費用だけを見ると非常に損をした気持ちになってしまうことも事実です。

タブレットに限らず、スマートフォンでも同じ状況です。

タブレットのバッテリー交換の費用

スマホが登場してから、携帯機器は非常にコンパクトになりました。

それでも長時間使用できるだけのバッテリーを搭載しています。

つまり、内蔵されているバッテリーは非常に性能が高いと考えていいでしょう。

しかし、使用頻度が高ければどうしても寿命を迎えてしまうことになりますから、タブレットのバッテリー交換の費用を考えなければなりません。

業者によってバッテリー交換の費用は異なりますが、具体的な数字を紹介しましょう。

メーカー直営の修理業者の場合は、バッテリー交換が1万円前後になっています。

しかし、それがメーカーと関係ない専門業者であれば、半額程度になります。

もちろん、自分でバッテリー交換をする人もいますが、コンパクトな構造になっている分だけ専用工具を使わなければ取り外すことができなくなっていますから、工具をそろえる費用を考えておかなければならないのです。

バッテリーだけではなく液晶交換やスイッチ部の交換など、いろいろな状況に対応できる業者に依頼する方が確実です。

インターネットでバッテリー交換を検索してみるとよくわかりますが、自分で交換をしようと考えている人はわずかです。

手先が器用な人ならいいのですが、普通は考えるべきではないでしょう

これはタブレットだけではなく、スマートフォンも同じことです。

使用頻度が高ければ、1年程度でバッテリーの寿命が来てしまうケースが出てきます。

自分の使い方に合わせて、しっかりとメンテナンスをすることが重要です。

タブレットのバッテリー交換の手順

購入したタブレットが保証期間内であれば、バッテリー交換は1回だけ格安でやってもらえます。

しかし、年数が経ち過ぎている場合や、2回目以降の交換であれば通常の正規料金が請求されることになります。

もちろん、正規料金が普通なのですが、ほとんどの人は非常に高いと感じるはずです

タブレットに限らずスマートフォンでも端末代金は毎月の分割払いですから、トータルでいくらになっているかよくわかっていないのです。

費用を抑えるために自分でバッテリー交換にチャレンジする人もいるでしょう。

しかし、メーカーの保証が得られなくなりますから、機械に詳しくなければ正規代理店や専門業者に依頼した方がいいでしょう。

最近のタブレットはかなりコンパクトになってきており、ユーザーがバッテリーを取り外せない構造になっています。

一般のユーザーが無理にバッテリー交換をして、機械のトラブルを発生させないようにすることが目的です。

内部でショートした場合は煙が出ることもあるからです。

タブレットに限らず、これまでもバッテリーに関するトラブルは少なくありません。

メーカーとしても慎重な対応をするようになってきたのです。

バッテリーを交換するためには一般的なプラスマイナスのドライバーではなく、特殊なドライバーが必要です。

それらの道具を持っている業者なら簡単にバッテリーを取り外すことができる仕組みです。

インターネットで手順を調べてみればすぐにわかります。

忘れていけないのはすべて自己責任となることでしょう。

Related Post