vieletz.net iPad iPadを購入する際の注意点3

iPadを購入する際の注意点3

色んな誤解や勘差異、分からない事がiPadには有るとおもいます。

iPadをオーダーする際にはきちんと心得した上でオーダーした方が良いので、ちょっとした勘差異を挙げてみたいとおもいます。

iPadはiPhoneと同じ作製者から売り出しされていて、iPhoneの大きい版という様な想像が有りますが、iPadは携帯電話では有りませんので通話を行なう事が出来ないという事、今や携帯電話には欠かせないカメラシステムも付いていないという事です。

iPadは携帯電話ではないのでそういったシステムやワンセグやおサイフケータイと言ったシステムも付いていないのです。

ですので、iPadを携帯電話の大きい版として勘差異しない様にしてください。

次にiPadでは一定ステップのインターネットサイトで見られないサイトが有るという事です。

ホームページのなかにはFlushという手並みを使用して表示させているサイトが有ります。

しかしながら、iPadではFlushを使用しているサイトを表示しない様な規格になっている為、見る事が出来ないサイトというのが有ります。

これは生産しているApple社の方針であって、対応予定も今のところ無いという事ですので、もし見たいサイトが予め有るのだとしたらiPadをオーダーする前に確かめた方が良いかも知れませんね。

同じ様ですのですが、Flushを使用している動画配信サイトは利用出来ません、。

例えばGyaO等がこれに当たりますので注意が必要でしょう。

ただし、YouTubeはアプリケーションにも有りますからこれは見る事が出来ます。

Wi-Fiモデルと3Gモデルのどちらを選べば良いのでしょうか

オーダーモデルを選択する際、iPadのWi-Fiモデルと3Gモデルとどっちを選んだらいいのか分からないという人も沢山でしょう。

iPadは700g前後重量が有ります。

それにタッチパネル式ですのでどうしても片手で持って片手でハンドリングした場合いう状況が多くなります。

そるなると片手での作業が段々辛くなって来るとおもいますので、結局何処かに置いてハンドリングを行なうという事が多くなるのです。

と考えるとiPadを使用する立地は主に何処なのか、そこを考えると選びやすくなるかも知れません。

もし、使用する立地がWi-Fiを利用出来る立地が沢山のだとしたらWi-FiモデルのiPadをオーダーした場合良いでしょう

外国に持って行きたいと考えている人もWi-Fiが良いかも知れません。

プラスしてポケットWi-Fiの様な物を持っていると何処でも使えますので、Wi-Fiモデルで十分だとおもいます。

iPadは携帯電話として使えない事は既にご存知だとおもいます

もし今持っている携帯電話やスマホ等でインターネットが使えるのであるのなら、ちょっとインターネットを見たいとか、eメイル確認したりとかは、小ぶりでカバンから取り出し易いのでiPadじゃなくっても良いかも知れません。

兎にも角にも、何の為にiPadを利用したいのか、何処で利用したいのか、それが選択する基準になるとおもうのです。

それでも3Gモデルが良いという方は、立地を特定せずにインターネットが利用したいとか、歩行ながら変移しながらインターネットが利用したいとかそういった利用手順に限ったケースだとおもいます。

iPadの選び方2

もしiPadを持ち歩かずに家の中だけで使用するのであるのなら、3Gモデルをオーダーする必要は有りません。

Wi-FiモデルのiPadのオーダーで十分だとおもいます。

その替りにiPadでWi-Fiモデルを利用するお目当てでは無線ルータを別途おぜん立てしなければなりませんので、今ご自宅で使用しているパーソナルコンピュータは何でインターネット接続しているのか確かめておく必要が有ります。

もし無線ルータを使用しているので有れば新たにオーダーする必要は有りませんが、もし有線で繋げているのであるのなら新たにオーダーする必要が出てきます。

無線ルータ自体は1万円以下の物が殆どですので、プロバイダーからレンタルせずにご自分自身でオーダーした方がお得感が有るとおもいますよ。

では、外でiPadを利用したいと思っている人はどのiPadモデルをオーダーしたら良いのでしょうか。

もし他のネット本、iPodTouch等、携帯端末を他にも持ち歩いているとします。

それも使用してインターネットを繋げているのであるのならわざわざiPadまで外で爽快にインターネットに繋ぐ必要はないかも知れません。

月額利用料などの経費の無駄遣いになります

もし3Gモデルをオーダーした場合携帯ルータの月額利用料が生じる事になります

他の携帯端末でも払っているのにさらに払うとなるとかなり無駄ですよね。

このケースはWi-Fiモデルをオーダーして必要な時だけ繋ぐなどの措置を取り入れる方が良いかも知れませんね

何を選ぶべきか分からないという人は、ご自分の使途をきちんと考えた上でショップ員さんに相談してみましょう。

iPadのデメリットとは2

色々と使い勝手が良いiPad、しかしながらデメリットが有るのも事実です。

そこでどんなデメリットが有るのか挙げてみたいとおもいます。

【パーソナルコンピュータが無いと面倒】iPadはそれ単独でも使用する事は十分に出来ますがPCからiTunesを繋げて管理するのが一番使い勝手が良い扱い方だとおもいます

パーソナルコンピュータが無いと色々と扱い方に制限をされるのがiPadのデメリットと言って良いでしょう。

例えば初期設定と初めの起動はパーソナルコンピュータを使用して行なわれます。

無いケースはオーダーした所でやってもらうのが良いとおもいます。

iPad本体からでも出来ますが、ダウンロードした曲等をパーソナルコンピュータ上に保全しておく事が出来ます、。

これによってiPad本体から間違って削除したとしても再度登録出来るというメリットが出てきます。

こうした保全性という面でもパーソナルコンピュータが無いとiPadは多かれ少なかれ不便な扱い方になるというデメリットが有る事が分かるとおもいます。

【ニホン語変換が乏しい】iPadはeメイルも打てますし、ニホン語も使えますのであってのままに言葉を打つ事に不便は無いとおもうのですが、実はニホン語の変換キャパシティーが乏しいというデメリットが有ります。

またニホン語を入力出来るシステム自体も乏しく、ニホン語が対応されてないアプリケーションも有るやうです。

テキストを打つ時も縦書きが出来なかったり、全角スペースが打てなかったりと不便な箇所も有るやうです。

デメリットも当然有りますが、それ以上にiPadにはメリットが満載だとおもいます。

メリットもデメリットもよく検討して、その上でオーダーする事をおススメします。

Related Post

iPadでスケジュール管理をしようiPadでスケジュール管理をしよう

カレンダーシステムは色々と楽ですよね。 携帯電話のカレンダーシステムを利用して、スケジュール管理をしている人はいっぱいいるとおもいます。 そういった楽なカレンダーシステムをiPadでも使用する事が出来ます。 そうする事で […]